のわのブログ

キング・クリムゾン 高松公演CD/DVDリリース発表記念投稿

b0143214_1842592.png


「なんで?」の一言に尽きる。

by nowappu | 2016-05-09 19:40 | Comments(5)
Commented by Log at 2016-05-11 18:33 x
こんにちは。宜しくお願いします。
「なんで?」という疑問は、ロックを主に聴いている人は演奏の違い、アドリブの違いをあまり気にしないかも知れないが、クリムゾンはジャズ的ですからね。特にあの日の演奏は過激さと優美さを兼ね備えた演奏でしたよ。
それに演目が優れていた。「冷たい街の情景」「太陽と戦慄パートⅡ」はのけぞりました。メル・コリンズの存在も大きい。
Commented by nowappu at 2016-05-12 09:25
>Log
こんにちは。コメントありがとうございます!
高松公演が追加された事自体「?」で、YES高松公演以来の謎です。
どのような経緯で高松公演CD/DVDリリースに至ったか知りたいですね。
Commented by Log at 2016-05-12 12:15 x
どうもありがとうございます。
本公演の大阪と名古屋の間に不自然な空きがありましたね。それはどういう意図があったのか。発表後に追加公演できる場所を探していたのか? 東京→大阪→東京→高松→名古屋と、公演場所がジグザグでしょう? 普通ならば一直線の行程でスケジュールを組みたい所。音響設備とか音響効果とか、いろいろ当たってみて、サンポートが条件に一致したのではないだろうか。
高額なチケットではあったが、もし高松が2公演だったら、2つとも行っていたと思います。
最近は東京公演のブートCDを聴いています。
Commented by nowappu at 2016-05-12 14:01
>Log
ありがとうございます。
どのような理由であれ、自分が観た公演がCD/DVDとなってリリースされるというのは嬉しいものですし、
良い記念になりますね。
発売を楽しみに待ちましょう!

Commented by Log at 2016-05-12 19:45 x
重ね重ね、厚く御礼を申し上げます。
最初は、日本でのライブ音源&映像が公開されるとしたら、クリムゾンのオフィシャル・サイトで断片的に紹介するか、日本各地の名演をピックアップして1枚のCDにする物と思っていました。
製品化の情報が錯綜していて、CD+DVD、あるいはCD+Blu-ray、あるいはCD+DVD-Aという情報もありました。
ともあれ、発売の日まで、焦らず、惑わず、心静かに待ちたいと思います。