のわのブログ

速報!富士宮焼きそば

静岡の「富士宮焼きそば」に憧れていた僕は、図々しくもBULLDAX
カメさんと相方さんに「買ってきてください」とお願いしていた。
カメさんがおすすめとして買ってきてくれたのがこちらの品々。

b0143214_19583317.jpg

㈱叶屋製麺工場 「富士宮むしめん焼きそば用」
㈱叶屋製麺工場 「富士宮焼きそばソース」
㈱叶屋製麺工場 「富士宮肉かす焼きそば用」
そして後に登場する㈱柳谷本店 「かつお粉」

初めて見る「肉かす」の実物に気持ちが高揚してくる。しかしここで
一旦興奮を抑え、冷静にカメさんから受けたレクチャーを思い出す。
さらに「むしめん」のパッケージ裏面の「召し上がり方」を確認。

たがが焼きそばを作るだけで「作り方を確認」などと大袈裟だ、
と思われるかもしれないが、それには理由があり、関西で一般的に
食べられている焼きそばとは作り方が全く異なるのである。

作り方のこつは

「鍋(フライパン)はよくあたため常に強火」
「短時間で仕上げる」

いわゆる「一発勝負」である。

今回は「富士宮焼きそば」本来の味を確認するため、あえて
最小限の具材で勝負する。キャベツと「肉かす」、そして仕上げ
にふりかける「かつお粉」のみだ。

この「一発勝負」に備え、ソースの濃さを確認し、準備した具材などの
ポジションを定め、そっと目を閉じ焼きそば完成までのプロセスを
イメージしてみる。2〜3回のイメトレを終え、「イザ!」とコンロを点火。

b0143214_20314036.jpg

あたためた鍋(フライパン)に油をなじませ、細かく刻んだ「肉かす」
を香ばしく炒める。「肉かす」は豚脂。炒めると脂の甘い香りが。

b0143214_20361545.jpg

香ばしく炒めた「肉かす」にキャベツを投入。焦げないよう、火が
通り過ぎないよう、一気に炒める。ここからの工程が普通の焼きそば
と異なってくる。なんと炒めた具材を一度フライパンから引き上げるのだ。
軽くカルチャーショックを受けつつ「麺」セクションに突入。

b0143214_20411059.jpg

フライパンに「むしめん」を投入。この麺には特徴があり、色は黄色い
半透明で断面は正方形、「カキッ」とエッジが立っている。袋から
開けた状態はとても固く、麺がパラパラとほぐれる感じだ。そこに
お湯を注ぎ、麺に水分を含ませ「好みの固さ」に仕上げることが
できるのである。麺の固さオンデマンド。今回は「召し上がり方」に従い、
麺1玉あたり40ccの湯を含ませてみた。

b0143214_20592579.jpg

麺が水分を含み、軽く炒められたところに先に炒めておいた具材と
ソースを合わせて一気にラッシュをかける。焦がさないようしっかり焼く。
かなりの強火で焼くため、チビリチビリとソースの分量を調整している
暇はない。味見したソースの濃さをイメージしながら一気にソースを回し
かける。ソースの量は「一発」で決まった。ソースの味見やイメトレは
こういう場面で生きてくるのである。

b0143214_21155447.jpg

そして仕上げの「かつお粉」。テレビ番組で紹介されていたのを思い出し、
たっぷりとふりかける。

b0143214_2118232.jpg

そして完成。熱々のところをいきたいので、キッチンで立って食べる。
いままでにない麺の固さが新鮮だ。焼いた後もあの「エッジ」は健在で、
歯触り舌触りが楽しい。エッジの零コンマ数ミリの線が「パリッ」と
香ばしく焼けているのがわかる。ソースの味は甘くなく辛くなく程よい
味だが、そこに「肉かす」の味と香りが加わることによってグッと深い
ものとなった。「かつお粉」はたっぷりが良い。

やはりこの焼きそばの魅力は「麺」だ。カメさんの相方さんの「具を
何も入れずに麺にソースだけでもうまい」という言葉を思い出した。
今後誰かに焼きそばは何がうまい?と訊かれたら迷わず「富士宮!」
と答えることにした。富士宮最高!

カメさん、相方さん、興奮と感動をありがとう!



※この連休、BULLDAXのカメさんと相方さん、Elle+Beckが
会いにきてくれました!その様子は後日アップします!
by nowappu | 2009-03-22 21:49 | フリー